2016年2月28日日曜日

税金を払わなくてもいいような貧乏人こそ確定申告をしなければならない

本年、平成28年の個人の確定申告期間は、3月16日(火曜日)までとなる。
参考のために、このブログで書いた税務申告の記事を紹介しておきたい。

確定申告における青色申告の注意点
青色申告による確定申告書の第一表と第四表の関係
国税庁のサイトで税務申告に必要なPDFファイルが検索できない
実は結構難しい個人事業の青色申告決算は分かりやすい記帳から

以上をまとめたものが、
個人事業の確定申告における青色申告のポイント
となっている。

これらの記事は青色申告での開業時の注意点や赤字処理の分かりにくい部分、記帳しやすい経費処理など、やや上級者向けというか難しい部分の解説をしているので参考になる人は限られるかもしれない。
もっと基本的な部分を知りたい方は書籍や、部分的な疑問は他のサイトを参考にして欲しいと思う。


ただ私は以前から、税務申告について根本的なところで大きな誤解をしている方がいることを憂慮していて、今回はそれについて述べたい。

それはタイトルにあるように、税金を払わなくてもいいような貧乏人こそ確定申告をしなければならないということである。

「ぼかぁ無職で無収入のニートだから税金なんて関係ないさぁ~」などと考えている方がいたら、それは今年から直ちに改めなければならない。
確かに、世の中には「確定申告?何すかそれ?」という人は大勢いる。
しかし、そういう人達の大半はサラリーマンとして税金が源泉徴収され会社がやってくれる年末調整で所得税額が確定し、納税も完了するので、自分でやる必要がないだけである。
あるいは、主婦のように配偶者として夫の税務処理に組み込まれている場合である。
ただし、給与収入が2000万円以上の人や副業のある人は申告しなければならない。また、去年の申告から経費の枠が拡がったりしたので確定申告で税金が安くなる場合もある。さらに、将来は配偶者控除も見直されるかも知れない。
したがって、今後はサラリーマンの確定申告も重要になってくるかもしれないのだが、現状では大半のサラリーマンは確定申告とは無縁であろう。

そのような真面目な一般労働者諸君と同じ気分で、無職が税務申告を無視していたら実は恐ろしいことになるのである。

私が実際にネットで見かけたのは、猥褻な同人誌制作で糊口を凌いでいるような男が「滞納していた住民税の取立がきた~どうしよう?どうしよう?」などとツイッターで大騒ぎをするようなケースであったが、この場合、同人誌が売れてその収入を申告しなかったということではない。
その男の同人誌はあまり売れていないようであり、経費をきちんと計算してわずかな収入を申告していれば住民税などゼロかごく僅かになるはずである。
しかし、申告をしなければバイト収入など税務当局が把握している所得に基づき税額が計算されてしまい、猥褻な同人活動などたとえ赤字であっても所得を誤魔化しているのではないかと白い目で見られ後から経費を認められることなどないのである。

その結果、二年間滞納している住民税に延滞金が加算され「今年度の収入の数倍」(といっても177,400円だったりするが)もの住民税が請求されたりするのだ。

しかも、それだけではない。
年金の支払いについても、きちんと免除申請していれば払わなくても問題ないのだが申請していないと容赦なく請求される。
そして、その免除申請も収入が低いことを税務申告で証明していないと申請は下りないのだ。
取立に来たときに、「実は収入がありませんで」などと言い訳しても許してくれないのである。


以上のように貧乏人が確定申告しなければ、取り立てられる金がどんどん増えて悲惨なことになるのだが、国家財政の逼迫に伴い今後は税金にしろ年金にしろ、払わない者への取立はどんどん厳しくなるのは間違いない。
その上、来年には更なる消費増税も予定されている。
ない者からは取れないが、ないということを国家のルールに従って証明しなければならない。
そうすることによって書類が全ての官僚制度の間隙を突き、国家権力から身を守るしかないだろう。


一方で、この時期になると自営業で小銭を稼いでいるような輩が「大変だぁ、そろそろ確定申告しなきゃ」などといかにも俺は仕事で税金を払うだけの収入があるんだぜと言いたげなつぶやきがツイッターなどで散見されるが、これなどは堀江貴文が言うように、自分で税務申告している程度では大した仕事なんてしていないのである。
税務などとっとと外注して自分の仕事に専念するようでなければ一流とは言えないのだろうが、少なくとも自分で確定申告をしていることは何の自慢にもならない。

しかし、ネットでは相変わらずアフィリエイト程度で自営業者を名乗っているような連中が書く「確定申告、ちょっと得するいい話」みたいな記事が溢れ、貧乏人はアベノミクスでバイト収入が上がることを夢見させられたりしているのだから、今回、意識の高い貧乏人のための確定申告の必要性を書いてみたのである。

もちろん、収入の少ない人が税務を会計士に頼めるはずはないので自分でやるしかないのだが、面倒でもやらなければいけないということはお分かりいただけたかと思う。