2014年6月30日月曜日

ノートン インターネットセキュリティの自動延長サービスを登録していて自動課金されてしまいました

私は3年前からウィルス対策ソフトに定番のノートン インターネットセキュリティを使っています。

このソフトは基本的に一年ごとに更新が必要で、その度に更新料というか延長料を払わなければなりません。
最初に割安な2個入りの製品版を買ったので2年目はそれで延長したのですが、去年、有効期間1年延長のために買い直さなければならなくなってどこが安いかを調べました。

その結果、結局公式のシマンテックストアが1,980円で一番安いことが分かったのでダウンロード販売で購入し延長しました。

そのときに、クレジットカードの自動引き落としによる延長サービスが強制的に申し込まれてしまったようなのです。

そして、1ヶ月くらい前に「【シマンテックストア】自動課金のご案内(更新期限まで残り37日)」というメールが届いたのですが、自動課金を登録したという認識がなかったために、「一週間前くらいに決めればいいや」と思い内容をよく読まずに放置していました。

すると、10日くらい前に自動で課金されてしまったのですね。
料金は5,990円でした。つまり、去年の三倍になっていたのですが、調べてみると去年の価格は特別に安くて通常価格が5,990円のようですね。

ようするに、最初に安い値段で釣って、その際に自動課金を登録させて毎年自動で徴収するというシマンテックストアの戦略にまんまと乗せられてしまったわけです。

ちなみに、amazonでは3,000円から4,000円くらいで優待版が買えるようなので、差額は2,000円から3,000円くらいですが、優待版にもいろいろあって分かりにくく、また、新たに入れ直すということになって、残り日数を反映させるにはシマンテックに連絡が必要だとか少々面倒なところもあるようです。

まあ、最近は忙しいので何もしないで延長できる自動課金でも良かったのですが、シマンテックの姑息なやり方には腹が立つので即刻、自動課金は解除しておきました。

解除をするサイトはストアヘルプの一番下の「こちらの注文情報確認ページより自動延長サービス停止のお手続きをお願い致します」から入るようになっていますが、分かりにくいですね。
また、解除する際は、自動課金されたときの注文番号ではなくて、最初にシマンテックストアで買った際の注文番号を入れないとダメなようです。


とにかく、いろいろ困ったところのあるノートンですが、実際問題、ネットバンクなどを使っている状況では必須と言うしかありません。

トラブル対策のためにヤクザに用心棒を頼むようなものですが、みかじめ料だと思って毎年金を払うしかないのでしょうか。

0 件のコメント: