2013年12月30日月曜日

靖国神社の問題は天皇陛下の参拝を抜きに考えることはできない

安倍総理の26日の靖国神社参拝が殊の外大きな問題になりました。

中韓の反応は予想通りだとしても、米国大使館が「失望している」(Japan is a valued ally and friend. Nevertheless, the United States is disappointed that Japan's leadership has taken an action that will exacerbate tensions with Japan's neighbors.)との声明を出したことは日本政府にとっても想定外だったようです。

私もここまで明確に米国が総理参拝を批判するとは思いませんでした。

この声明が意味することは二つあると思います。

一つは米国が現時点において、東アジア状勢、とりわけ尖閣を巡る日中関係に強い懸念を持っているということです。おそらくは、ちょっとしたきっかけによる軍事衝突の可能性も低くないと考えているのでしょう。そして、それは米国にとって非常に避けたいことなのだと思います。
だからこそ、本来なら米国にとって大した問題にならない今回の参拝についても過剰に反応したのではないでしょうか。

多くの日本人は日中戦争など起こるわけがないと考えているのかもしれませんが、領海侵犯を連日繰り返している現場の中国サイドが暴発するような事態もあるという米国の懸念は、十分に考えておくべきことです。

二つ目は、親密な同盟国に対し安倍総理がやらかした「後で」このような強い調子の声明を出すということは、「これで終わりにしとけよ。次はねぇぞ、この野郎!」というメッセージが込められているということです。

実際に、安倍総理はもう来年以降参拝はできないでしょう。
あるいは、他の人が総理になっても、石原慎太郎や橋下徹のような極端な政治家を別にすれば、もう参拝は無理じゃないかと思います。

逆に安倍総理や次期総理が来年以降も参拝するような事態になれば、周辺諸国の反応よりも日本人自身が国家の戦争準備を認識するべきかと思います。


しかしながら、国家の代表者が英霊が正式に祀られている場所に参拝ができなくなるということは、大変憂慮すべき事態であるのは言うまでもありません。

では、どうするか?

私の考えとしては、やはり天皇の靖国参拝(タイトルも「参拝」としたが正式には「親拝」が正しいらしいので、以下「親拝」とする)を正面から考えることを避けては通れないということです。

天皇の親拝については、昭和天皇が戦後数年置きに計8回行いましたが、1975年(昭和50年)11月21日以降崩御まで親拝を行わず、今上天皇も即位されてから一度も親拝をされていないわけですね。

昭和天皇が親拝を止めた理由として、三木武夫首相が終戦の日の参拝に際し言った「個人として参拝した」という余計な言い訳が、公式行事にならざるを得ない天皇の親拝をやりにくくさせたから、という意見もありますが、宮内庁長官や侍従が残したメモなどから今では、「昭和天皇がA級戦犯の合祀に不快感をもっていたから」という説が有力であるようです。

この元宮内庁長官・富田朝彦が残した所謂「冨田メモ」には、昭和天皇の言葉として
松平の子の今の宮司がどう考えたのか
易々と
松平は平和に強い考えがあったと思うのに
親の心子知らずと思っている
だから 私あれ以来参拝していない
それが私の心だ
と書いてあるようですが、私にはこの一節に今上天皇が即位以降一度も親拝されていない理由が刻まれているのではと思ってしまいます。

すなわち、親の心を知れば自分は親拝できない、という。


けれども繰り返しますが、今回のことで総理の参拝が難しくなり、陛下も引き続き親拝されない、という状況は何とかしなければなりません。

戦争犠牲者の追悼に並々ならぬ熱意をお持ちの陛下も、靖国の問題がこのままでいいとお考えではないはずです。

とはいえ、陛下に親拝を「要請」するなどということはあり得ないことです。
そのようなことは何人たりともできません。

ただ、問題がここまでこじれてしまった以上、陛下に靖国についての率直な思いを語っていただくのも日本人の真の平和への想いを諸外国に理解してもらうためには良いことではないかと思います。
そして、それにより昭和天皇の真意が明らかになれば、陛下が今後どのようなお気持ちで親拝をされるのであろうかも明確になるかと思います。

その上で、陛下が親拝される状況が整えられるのであればそうすべきです。

具体的には、分祀が不可能である以上、「総理以下、政府の要職にある者は今後靖国には参拝しない」としつつ、陛下の親拝を静かに待つ、ということです。

陛下が親拝されるには国際的にも静かな状況が必要で、今後どうせできないのであれば談話などの形で総理以下政府要人の参拝はしないと明言した方がいいでしょう。
その上で、陛下が親拝されるのが靖国神社にとって本来のあるべき姿かと思います。

もちろん、中韓などは陛下の親拝にも文句を付けるのでしょうがそこは全く相手にする必要はありません。

まともな国ならば、日本の伝統行為として受け入れるはずです。


取り戻すのが好きな安倍総理に、是非とも靖国神社本来の姿も取り戻してもらいたいと思います。