2013年4月10日水曜日

国税庁のサイトで税務申告に必要なPDFファイルが検索できない

個人に続き社長をやっている法人の確定申告も三月までに終えることができ、一息ついています。
ところで、以前にも書きましたが、損失申告用の申告書などの用紙は税務署から送られてくる用紙に含まれていない場合がありますので、ネットからPDFファイルをダウンロードしなければなりません。

ところが、これが国税庁のサイトのどこにあるのか極めて分かりにくいのです。
結局探しても分からなかったので「別表7 PDF」で検索して辿り着きましたが、検索しても出てこない書類だとお手上げです。

そこで、別表7のPDFファイルのURLを削って探してみると、ホーム>申請・届出様式にリンクされましたので、そこから、税務手続の案内に行き、「届出書・申請書等の様式」をクリックすると、やっと、国税庁様式検索が出てきます。
そこで、「名称の部分的な語句による検索」に語句を入力するか、「様式の種類等による検索」でプルダウンリストから項目を選んで検索するわけですが、ここで驚くべき事態に遭遇しました。

なんと、検索ボタンがないのです!

語句を入力した項目を選ぶと自動的に検索が開始されるのかと思いきや、一向にその気配はありません。
検索できないと、全件数4672件を少なくとも100ページにわたって一つずつ見ていかないと必要な書類が探せません。

なんというバカげたサイトか!と思いましたが、いくらなんでも検索サイトで検索できないのはおかしいと思い、ブラウザを普段使っているGoogle ChromeからIEに変えてみると、検索ボタンが右端に出てきました。

なんでこういうことになるのかと言うと、国税庁のサイトは文字が小さく見にくいのでGoogle Chromeでは125%に拡大して表示させているのですが、この状態だと検索ボタンは完全に隠れてしまうのです。
100%にしても、少し隠れた状態で位置的にも分かりにくいので見逃してしまうかもしれません。
90%に縮小すると普通に表示されますが、文字はかなり小さく見えにくくなってしまいます。

Google Chromeは世界のブラウザシェアで1位のようなので日本でも使用している方は多いはずですが、そのブラウザで国税庁の税務申告用の書類を入手するサイトがまともに表示されず必要な書類が手に入らない、というのはかなり困ったことだと思います。

国税庁は電子申告・納税システム(イータックス) を推していますが、まずはサイトを分かりやすく構築して欲しいものです。

0 件のコメント: