2013年4月30日火曜日

終了するGoogleリーダーからの乗り換えはFeedlyがベスト

先月、RSSリーダーの「Googleリーダー」が7月でサービス終了と発表されましたが、多くの方が困惑の声を上げたのは当然のことだと思います。
RSSリーダーは情報収集ツールとしていまだに重要であり、「Googleリーダー」はシンプルで確実な動作から多くの人が使用していたからです。

最近では、SNSで情報収集をする方も増えてきていると思われますが、情報がリニアに流れるSNSよりもジャンル別に整理されて一覧できるRSSリーダーの方が、結局は早く確実に必要な情報を得やすいと思います。
つまり、RSSリーダーにおいて重要なのは、分類と視覚的な一覧性ということであり、その点で「Googleリーダー」は一番優れていたので、私もブラウザのホームページに指定して常に閲覧していました。

その「Googleリーダー」が終了するということで、最初は以前使用していた「Livedoor Reader」を試してみましたが、駄目でした。
更新が遅いということもあるのですが、何といっても致命的なのはリスト表示を開くと、「ご利用のヒント」だの「担当者のおすすめフィード」だのが最初に表示される煩わしさです。
まず最初にリストの形でフィードを確認したいのです。にもかかわらず、完全に不要なページが必ず表示されるというのは全く馬鹿げています。
タイル表示(ヘッドラインモード)の場合それはないのですが、こちらは一覧性に欠けます。

次に、「My Yahoo!」を試してみましたが全く問題外でした。
タブで分類を切り替えるしか見る方法がないというのも困りものですが、それ以前に広告がうるさくて話になりません。
Googleと比べると、Yahoo!Japanは広告の見せ方が極めて稚拙です。

そこでこれまで知らなかった「Feedly」を試してみましたが、これは良かったです。
「Feedly」がポスト「Googleリーダー」として評判が良いのは、「Googleリーダー」から複雑な移行作業をせずにフォルダもそのまま引き継ぐことができるという点にあるようですが、私の場合、登録フィードが少ないので、この点はあまり重要ではありません。

「Feedly」が優れているのは何といっても、「Googleリーダー」に良く似たシンプルな閲覧構造である、という点です。
「Googleリーダー」に似ているといっても、「左側のリストにフォルダがあり、右側のリストでフィードが表示される」というだけのことで操作性を考えれば必然的にこの構造になると思いますが、こういう「正しいシンプル」を実際に形にするは頭で考えるよりもずっと難しいことなのでしょう。

「Feedly」の方が優れている点もあります。
それは、フォルダーごとにリスト表示か大きさの違うタイル表示かを選択できるので、画像中心のフォルダの場合、いちいち表示を切り替えないで済みます。
これは「Feedly」が動的な見せ方をするサイトなので可能になっているわけですが、一方でフィードを開いても何も表示されない場合があったりと、若干不安定な動作をすることがあります。

「Googleリーダー」との違いとしては、左側のリストにはフォルダーしか置けないという点があります。
「Googleリーダー」ではフォルダーと単独のフィードを混在させることができましたが、「Feedly」では単独のフィードもフォルダーに入れないといけません。致命的な問題ではありませんが、ちょっと面倒ですね。
さらに注意しないといけないのは、フォルダーを多く作ろうとすると「Googleリーダー」とのシンクのせいか上手くできなかったりしました(現在では改善されているかもしれません)。

また、文字コードの問題としてアルファベットの全角文字が小文字になってしまうこともあります。

このようにいくつかの問題はありますが、「Googleリーダー」の代わりには十分なので現在では「Feedly」を使用しています。


それにしても、このリーダー選びの過程でつくづく思ったのは、上で述べたように「正しくシンプルにするのはとても難しい」ということです。
他の人が作ったアプリなどに対して口で批判するのは簡単なのですが、自分自身の仕事を考えてみるとバカみたいに複雑にしてしまっていることが多々あります。

「Googleリーダー」のみならずGoogleの優れた点は、「正しいシンプル」にあると思いますが、絶えず自分自身に対して「正しくシンプルであるか」と問いかける必要を感じました。

0 件のコメント: