2013年1月16日水曜日

歌会始に込められた天皇陛下の政治的メッセージ

先ほど、皇居で歌会始がしめやかに執り行われました。
やはり日本という国は、歌会始こそが新年の本格的スタートという感じですね。

しかし、この歌会始、単なる文化的行事ではありません。
普段は政治的メッセージを一切発することのない天皇皇后両陛下、そして皇室の方々が日本国に向けてその意向を高度に洗練された和歌にして表明する唯一にして最高の場なのです。
会の最中変わることのない天皇陛下の普段はお見せにならない厳しい表情がそのことを何よりも伝えています。

それでは、今年の歌会始において何が主要なメッセージだったのでしょうか?
それはやはり、安倍政権誕生で実現が難しくなった女系天皇、女性宮家創設の問題でしょう。

まずは雅子妃殿下の歌を詠んでみましょう。

十一年前
吾子の生まれたる
師走の夜
立待ち月は
あかく照りたり

女性天皇になることができなくなった愛子様が誕生された11年前をふり返り、女性皇族の行く末を案じる歌と言っていいでしょう。わざわざ11年前という半端な年月の過去を懐かしむ歌を詠むことで、雅子様の強い御意志が反映されていると考えていいのではないでしょうか。秋篠宮様の若干驚いたようなお顔が印象的でした。

そして、陛下の歌、大御歌です。

万座毛に
昔をしのび
巡り行けば
彼方恩納岳
さやに立ちたり

「万座毛」に行き彼方の「恩納岳」を眺め「さや」に立つ。
「恩納岳(オンナダケ)」=「女だけ」になってしまう皇室の彼方すなわち未来を憂う歌、と解釈していいのではないでしょうか。
「さや」とはむろん、「サーヤ」の愛称で親しまれた黒田清子様のことであり、清子様の宮家を立てたいという思いが込められているとも考えられます。
また一方で、恩納岳は18世紀琉球王朝時代に琉歌に詠まれたことでも有名な山だそうです。
やはり、陛下のもう一つのメッセージとして沖縄を孤立させてはいけない、沖縄の島々を守らなければならないという御意志が強く顕れているのではないかと考えられます。
尖閣問題や米軍基地問題などで沖縄の人々の心が日本という国から離れてしまうようなことを強く懸念された歌でもあると思われます。

こうして考えると、今年の大御歌はかなり率直に日本政府に対し大御心を表明している歌と言ってよいでしょう。もはや勅命と言ってもいいかもしれません。
出席していた赤松広隆などは終始キャバクラの女のことを考えているような呆けた顔をしていましたが、聡明な谷垣禎一法務大臣などは陛下の御意向を十分に理解してか、やや青ざめた表情をしていました。


ところで、歌会始では講師と呼ばれる人がまず全句を節をつけずに読みます。続いて発声や講頌と呼ばれる人達が節をつけて歌うのを皆で聴くわけですが、これはDJが曲をセレクトしレコードで再生して、それを聴く人達が踊るというクラブの様式を彷彿させるものです。
言わば、講師はディスクジョッキーならぬソングジョッキーと言ってもいいかもしれません。あるいはラッパーの役割を担うレゲエのDJに近い存在ですね。

歌会始において講師ことソングジョッキーは坊城俊成さんが担っています。
長髪を束ねたメガネのナイスガイです。本業は建築史家なのだそうです。
ちなみに、学生時代の坊城氏が私のいたメガネ屋でメガネを買っていただいたこともありました。


最後に私も一つ歌を詠みましょう。
今年のお題は「立」でした。

金棒を
花の頭に
打ち立てし
ひなのもすがる
関東連合

今年こそはいい歌を作っていきたいと思います。

2013年1月1日火曜日

もっとデフレを、再び円高を!そして、PSYを!

新年、あけましておめでとうございます。

昨年は年末に選挙をやりやがりまして、政権が交代しました。
自民党が政権を奪還したのは良いのですが、その経済政策は実に邪悪なものです。

原発再稼働やTPP推進の大きな問題がありますが、これらは全て今後の経済政策によって強制的に決定されてしまうものです。
そしてその政策とは、デフレ脱却を目指し円安にするという。
何という馬鹿げたことをやるのか。
円安については既に86円にまでなってしまいました。

私は断固としてデフレを支持し円高を応援したい。
しかし、日銀を脅しにかかる麻生太郎副総理兼財務・金融相(この肩書きからして事実上の最高権力者です)の元では、デフレの楽園は破壊され円安が容赦なく襲いかかるでしょう。

もはや、この国家権力の恐るべき愚行は自然災害のようなものだと考えるしかない。
この巨大津波のごとき大厄災にどのように備えていくかが今年の大きなテーマになっていくでしょう。
この事態に必死の抵抗をしておられる池田信夫先生に何とか頑張っていただきつつ、来るべき破局に備えていこうと思っております。


昨日の大晦日はNHKの紅白歌合戦を見ました。
今や、日本の歌謡曲とかJ-POPとかいうものに一切の興味をなくしてしまいましたが、一年に一度だけ状況をチェックしておこう思い、紅白歌合戦だけは意地でも全て見るようにしています。

冒頭、浜崎あゆみとか中島美嘉といったベテランの域に近づきつつある人の歌が下手になっていて驚きました。中島美嘉などは昔はもっといい歌を歌っていましたが・・・浜崎も無理して出る必要はないとしか言えないパフォーマンスです。

演歌の人達もいつもの曲を歌うだけで元気がないというか・・・石川さゆりだけは中村勘三郎への執念のようなものを感じさせ迫力がありましたが。和田アキ子のあんな歌じゃ勘三郎も成仏できないでしょうし・・・
また、矢沢永吉が元気にシャウトしていましたが、その後に歌ったサブちゃんの歌唱との間に似たようなものを見いだしてしまい、日本のロックの何たるかを思い知らされました。

美輪明宏の『ヨイトマケの唄』がネットで賞賛されていますが、何だかなという感じです。『平清盛』と似たような匂いを感じましたね。
ああいう、昔のドロっとしたノリを混ぜておけばネット世代の田舎ヤングに受けるんだろ的な。

女の集団も3組くらい出てましたが、誰が誰だか見分けがつかない状況になってきています。

良かったのは、彩香、Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅ、なぜかエレキを弾く(ふりの)五木ひろしぐらいでしたか。
Perfumeの曲は良かったですね。やはり中田ヤスタカの時代なのでしょうか。

EXILEなどもいいんですが、別の曲を歌えばいいんじゃんないかと思います。なぜ若い人達にまで定番の曲を歌わせるのか分かりません。

あと、MISIAのセットだかロケだかよく分からない映像がある意味MISIAっぽい感じでした。あの極めてヒューマニスティックに歌っているにもかかわらず全くヒューマンを感じさせないところが、ですね。Perfumeの方が余程ヒューマニスティックだったりしますが、最近はAuto-Tune(ピッチコレクト)は控えめなようです。さすがにもう飽きましたしね、あれは。

去年は朝鮮人が3組くらい出ていましたが、今年は時勢を鑑みてか完全排除でした。
しかし、こういうときこそ出すべきじゃないでしょうか。
PSYとか出して、美輪明宏と馬ダンスを踊るべきだと思いました。


今年も頑張っていこうと思います。